国際電話のかけ方

国際電話はNTTやKDDIを経由して掛けることができ、携帯電話のドコモやau、インターネット回線を利用したBBフォンやひかり電話でも掛けることができます。もちろん海外から受けることもできます。ここでは日本国内からの国際電話のかけ方を紹介いたします。
 

NTTやKDDIなどの電話会社における国際電話のかけ方

普通の固定電話を利用した国際電話のかけ方は、マイラインに登録しているか否かでまず分かれます。
・登録している場合  「010」+「相手国番号」+「相手国内番号」
・登録していない場合 「電話会社の識別番号」+「010」+「相手国番号」+「相手国内番号」

電話会社の識別番号

・NTTコミュニケーションズ         0033
・KDDI 001
・ソフトバンクテレコム0088/0041 0041
・ソフトバンクテレコム0061 0061
・フュージョン コミュニケーションズ 0038
・ベライゾンビジネス 0071


相手国番号も各国用意されています。一例を挙げますと・・・

・アメリカ    1
・イギリス    44
・カナダ     1
・中国      86
・ドイツ     49

といった具合です。

携帯電話からの国際電話のかけ方

「電話会社の識別番号」+「010」+「相手国番号」+「相手国内番号」
なお、この掛け方は携帯の他にもPHSや公衆電話と共通です。

各携帯電話会社識別番号

Docomo    009310
au 005345
WILLCOM 無しで「010」から始めてかけられます。
ソフトバンク 無しで「010」から始めてかけられます。
KDDI     001

BBフォンやひかり電話などインターネット回線を利用した国際電話のかけ方

BBフォンやひかり電話は、それぞれヤフーBBやNTTが提供するインターネット回線を利用している人が使える電話で、IPフォンと呼ばれています。
基本的に掛け方は同じで、頭に「010」をつけ、あとは「相手国番号」+「相手国内番号」です。
ひかり電話のメリットとしては国内で通常の電話番号を利用でき、110や119の緊急番号への発信も可能になっています。使い勝手の良さと一律の低料金を実現しています。申し込みの際にはT-Systemsジャパン鰍ニ合わせます。
BBフォンの特徴は、アメリカ相手の国際電話だと特に安くなっています。また、BBフォン同士の通話だと無料になることから利用者が増えてきています。
なお、各社とも掛けられない国もありますので、申し込み前の確認が必要です。  



楽天で探す
楽天市場

アクセス解析タイ・バンコク情報