クレジットカード決済

クレジットカード決済とは、インターネットショップで買い物をした時にクレジットカードで決済することをいいます。ここでは、ネットショップがカード決済システムを導入する際の代行業者や手数料について調べ、比較してみました。
 

クレジットカード決済の代行業者について

ネットショップにとって、オンラインでクレジットカード決済できるシステムを備えているのはもはや必須と思われます。しかしその導入にあたっては、契約やシステムの問題上なかなかハードルが高いというのが現状です。そこで、クレジットカード会社とネットショップの仲を取り持つのがクレジットカード決済代行なのです。この代行業者が包括契約を結んでくれることにより、小さなネットショップでも気軽にカード決済を導入できるようになりました。
また、決済代行業者とネットショップ間を引き合わせることになる業者も存在します。例えばショッピングカート機能を提供する業者では特定の決済代行業者を利用しているので、契約を結ぶショップ側はおのずとその決済代行業者を取り入れることになります。

クレジットカード決済の手数料について

クレジットカード決済の利用額は10年前に比べて2倍以上に増えています。それだけカード決済システムは欠かせないものなのですが、売り上げが上がれば上がるほどネットショップ側には負担も増えます。それは、どの決済代行業者でもショップの販売実績×数%で手数料を徴収するからです。なお、物販の場合に比べ情報提供の場合の方が手数料は高めとなっているようです。
低いところで、手数料3%台でしょうか。4%〜6%台の手数料を課す決済代行業者もあります。導入の際の大きなポイントとなります。

クレジットカード決済の代行業者の比較

クレジットカード決済には”ゼウス”や”サイバーソース”などの決済代行業者があります。各社とも導入の際には初期費用と月々の基本料金が掛かります。そこへカード会社手数料に基づく決済手数料を課しています。ゼウスではその他に売り上げ処理金を1件につき数十円課しています。もし買い物にキャンセルなどが出た場合には加算されません。
両社がネットショップなどから支持を受けている理由のひとつにセキュリティ面の確かさがあります。個人情報法の漏洩はもちろん、サービスの滞りが生じないよう万全なサポート体制を築いています。サイバーソースは国内外の取引を視野に入れ、バイリンガル機能も充実しています。
消費者の認知度が高いクレジットカード決済は、このような業者によって広められているのです。会社は色々ありますが、それぞれ手数料や決済方法で特色を出しています。他にも、ショッピングカート機能を提供する業者を経由してこれらの会社と契約を結ぶと初期費用が無料になったり手数料が安くなったりと特典を得ることもあるので、クレジットカード決済の導入を検討する際には最適なルートを選ぶと良いでしょう。



楽天で探す
楽天市場

アクセス解析タイ・バンコク情報