インターネット銀行

インターネットの普及に伴い、インターネット銀行(ネット銀行)の口座数は増加しています。そこで、ネット銀行に関する金利や手数料を比較して、人気ランキングを調べてみました。
 

インターネット銀行の金利の比較

ここでは、専業インターネット銀行と普通銀行ネットバンク部門のうち人気の高い銀行を選び、金利を比べてみました。新生銀行、イーバンク銀行、ジャパンネットバンクを取り上げます。

※調査時(2008,12)の数字です。

・新生銀行  普通預金金利・・・0.11%
・イーバンク銀行(専業) 普通預金金利・・・0.20%
・ジャパンネットバンク(専業) 普通預金金利・・・0.15%

現在では、普通銀行との金利の差はそれほど大きくなくなりました。インターネット専業銀行が100倍もの金利を誇ったときもありましたが・・・。金利面はインターネットバンクの方が多少は良いという程度です。

インターネット銀行の振込み手数料の比較

ここでも同じく新生銀行、イーバンク銀行、ジャパンネットバンクを取り上げます。

・新生銀行  (3万円以下)300円 ※月5回までは振り込み手数料無料です。  
       (3万円以上)〃

・イーバンク銀行(3万円以下)160円
        (3万円以上)〃

・ジャパンネットバンク(3万円以下)168円
           (3万円以上)262円

なお、ジャパンネットバンクでは口座管理料が月105円別途に掛かります。さらに出金・入金手数料も157円掛かります。(出金は月3回まで無料)
金利ではたいした差がなかったものの手数料の面では違いが見えます。中でも、入金・出金に際して手数料の要るジャパンネットバンクは、計画的な利用が必要となっています。
ちなみに他の都市銀の振り込み手数料は400円台から600円台と、上の3行と比べ2〜4倍です。依然、普通銀行の主な収入源は手数料にあるようです。

インターネット銀行の人気ランキング

インターネット銀行で今最も人気が高いのはイーバンクと言われています。ジャパンネットバンクも劣らぬ人気を見せ、2強とも言われます。普通銀行の中では新生銀行のネット部門が圧倒的な人気を誇っています。他にもソニーバンクなどがありますが、資産運用部門をコアにしており、特徴的である分人気の面では少し下になります。
それぞれに言えることは金利が比較的高く、手数料は安いということですが、どちらかというとイーバンクが全ての面で他より秀でているようです。
ただし、利用者側の条件次第で魅力が変わってきます。例えばジャパンネットバンクでも10万円以上の預金残高があれば口座管理料が無料になります。また、振込みを多用するのであれば、提携先の多いジャパンネットバンクが利用しやすいということになります。
条件を見極めて、いくつかネット銀行を使い分けるという手もありますね。実際の申し込み数などで人気ランキングは出ますが、人それぞれにフィットするネット銀行は違うようです。



楽天で探す
楽天市場

アクセス解析タイ・バンコク情報