インターネット広告

インターネット広告とはウェブやEメールに掲載される広告のことで、用語の種類は辞典ができるほどたくさんあります。ここでは、主なインターネット広告代理店と市場規模、そして広告用語について調べてみました。
 

インターネット広告用語について

インターネットビジネスにとっては切っても切り離せない広告ですから、インターネット広告用語の意味は知っておかなければならない大事な点です。用語の種類を4つに分けてみると、

・広告の種類を表す用語・・・アフィリエイト、ウェブ、検索エンジン、スパムメール、バナー、モバイルなど。
・広告効果を表す用語・・・インプレッション、コンバーション、CPA、ユニークユーザー、リーチなど。
・広告の出稿に必要な用語・・・広告代理店、メディアレップ、アフィリエイトプログラムなど。
・インターネットビジネス全般で用いられる用語・・・アフィリエイター、SEO、サーチエンジン、トラッキングなど。

といったようなものがあります。
他にもたくさんありますが、いずれもどこかで耳にした事のあるような用語が多いです。

インターネット広告の市場規模

さて、用語の種類を見ても分かるとおり、インターネット広告はかなり世間に浸透しています。新聞などのマスメディアによる広告市場は低迷を続け、2007年時点ではインターネット広告が新聞広告市場を上回りました。それもそのはず、インターネットの人口普及率は55%を超えています。
数字でインターネット広告市場を見てみますと・・・

(2001年)・・735億円  (2002年)・・845億円  (2003年)・・1183億円  (2004年)・・1944億円
(2005年)・・2598億円  (2006年)・・3538億円  (2007年)・・4561億円

と、7年間でおよそ6倍の伸びを見せています。
インターネットの普及が、広告そのものを露出するバナー広告や積極的にアプローチするメール広告などを確実に消費者のもとに届けます。

インターネット広告の代理店

インターネット広告市場を支える代理店は、1つの会社で様々なインターネット広告に対応しています。ですから広告主がどのような広告を出したらよいか分からない場合でも、最も効果的な媒体の提案をすることができます。
実際には、広告の原稿を作成、または作成のサポートをしたり、先々の広告プランを提案したり、ネットビジネスにおいて不可欠なインターネット広告の戦略をトータル的に進めていきます。
広告主に対していかに広告戦略を立案できるかが、代理店業界における優劣を決める鍵ともいえます。優秀な広告代理店を見極めるにはインターネット広告代理店ランキングなどを参考にすると良いでしょう。



楽天で探す
楽天市場

アクセス解析タイ・バンコク情報