オフィス家具を中古で揃える

中古デスクなどのオフィス家具が東京都や横浜市などを中心とした店舗展開で販売されています。そこで、オフィス家具の中古品がどのようなかたちで販売されているのか、その事情を探ってみました。

 

中古オフィス家具の販売経路について

オフィス家具の中古品を取り扱う業者には実際店舗を構えている所もあれば、通販で販売している所があります。店舗を構えているオフィス家具店の多くは、オフィスがひしめく東京都や神奈川県などに見られます。
お客が実際に店舗に足を運ぶ最大のメリットは、直に中古品の程度を見て選定できるところにあるでしょう。商品カテゴリーが多数のため郊外に広く敷地を取って、商品を並べている店舗もあります。繁華街などで店舗を出している業者はスペース確保が難しいのでたくさんの商品を並べられませんが、郊外に倉庫を設け、そこからも配送するようにしています。
送料についてはサービスするという店も少なくありません。他には、1回につきいくらと設定していたり、運び先が階段を要する場合や重量が重いものだったりした場合に別途の配送料を取るというところもあります。
通販の形をとっている店舗は経費削減が可能な分、商品価格に反映されているというメリットがあります。ですが中古品なので、使い勝手を確かめられないことや程度をよく見ることができないことに抵抗を覚える人もいるかもしれません。業者側はその点を理解し、念入りなクリーニングと、商品情報に詳しく状態を載せるなどの配慮をしているようです。
どの販売方法にもメリットやデメリットの部分があります。

中古デスクなどを取り揃えたオフィス家具店

数あるオフィス家具品目の中でも、金属製デスクなどいくつかはリサイクル法に指定されています。つまり製造の段階から中古販売に向くように仕上げられているものがあるのです。金属製デスクの他には金属製の椅子や収納家具、棚が指定されています。これらは、オフィス家具の中でも必需品であり、どの店舗でも数多く取り揃えられているものです。
オフィス家具のメーカーにはリサイクル法の遵守が義務付けられていますが、もしも中古品店でJOIFAマークが貼られていないそれらの商品を見つけた場合は注意が必要です。リサイクル法に適していない、いわば法律違反の製品である可能性があり、使用上の安全性も気になるところです。
JOIFAマークが貼られている先の4品目については、苦情や廃棄物処理の依頼、保証、取り扱い上の説明を受けることができるようになっています。そもそも販売店の方でも注意しなくてはならない点ですが、末端ユーザーに対してもリサイクル法に適さない製品の購入はしないよう呼びかけられています。
デスクなどは必ずどのオフィスでも使われるものですから、選ぶ際には気をつけたいものです。

東京都や横浜市に見る中古オフィス家具店

オフィスが集中して立ち並ぶ東京都や横浜市には、開業者などに向けて中古のオフィス家具を取り扱う店舗が多数あります。そしてインターネット販売と並行するなど、どこも販路の拡大を視野に入れて営んでいるようです。
お客を?むサービスの一環として、オフィスのレイアウトもまとめて請け負うところが増えています。提案書を作成して、レイアウトから金額まで全てお客に向けて提示し、オフィス家具購入後の設置などの手間を省くことを目的としています。
また、取り扱う商品も店舗によってカラーが分かれています。価格面を重視した商品構成の店もあれば、高級家具を軸としている店など様々です。要するに買い手が開業者かそれとも一等地のビルに入るような企業かで、目を向ける中古品も変わってくるということです。
中古オフィス家具店には様々なカラーがあり、単に安さの追求だけではない業界であるということが分かりました。



楽天で探す
楽天市場

アクセス解析タイ・バンコク情報