オフィスレイアウト

オフィスの魅力を向上させることは業績の向上に繋がるという考えの下、オフィスレイアウトを手がける専門業者では事例を基にしたサンプルを提示して、お客の意向に沿ったレイアウトを実現させます。マイクロソフト社からはMicrosoft visioというオフィスレイアウト向きのソフトが販売されおり、他にも建築用のJw_cadなどのフリーソフトがあります。ここでは、オフィスレイアウトのフリーソフトやMicrosoft visioについて、またサンプルについてもどのようなものであるのかを調べてみました。
  

オフィスレイアウトとフリーソフト

オフィスレイアウトにも用いられるアプリケーションとして、しかもフリーソフトとして広く支持を受けているものにJW_CADというソフトがあります。建築設計に広く普及しており、開発時、建築士の協力の下に完成した製図用のソフトでした。
このJW_CADソフトがオフィスレイアウトなどの建築設計に広く受け入れられている理由として、まずその完成度にしてフリーソフトであるということは言うまでもありません。そもそも、数十万円する市販のCADソフトよりも数段上の操作性を備えている上、無料なのですから。
また、その他の理由として比較的軽快な操作性と、外部変形という頼もしい拡張機能を有する点が挙げられます。特に外部変形という機能はJW_CADの最大の魅力であり、付加機能が様々あります。例えば、平面図を画面上にすばやく作図できるタイプや、画面上のデータを集計して自動描写できるタイプ、二次部材などを自動計算できるタイプなどです。
これらの機能を容易く操り、設計者たちはオフィスレイアウトのイメージをより正確に画面上に表現できるのです。

オフィスレイアウトとMicrosoft Visio

設計用のフリーソフトウェアに対して、Microsoft社がWindows向けに販売しているグラフィックソフトウェアがMicrosoft Visio(以下、Visio)です。Microsoft製品にはWordやExcelなど図形作成が可能なアプリケーションがありますが、それらではどうしても複雑な図形作成は難しく、そこで開発されたのがVisioでした。
Visioにはオフィスレイアウト図が用意されており、それらを細かいところまで変形させる機能が搭載されています。効率的に作成したレイアウト図は他のMicrosoftアプリケーションに反映することも可能になっています。
なお、このVisioにはスタンダードとプロフェッショナルの2通りのタイプがありますが、どちらも共通して使用できる部品にオフィスレイアウトが含まれています。このソフトウェアを利用することによって、全てを一から作成せずとも、設計者の頭の中にあるオフィスレイアウトを図案化することが可能になるのです。

オフィスレイアウトのサンプル事例

様々な設計事務所がオフィスレイアウトを手がけており、各社とも実際の事例をサンプルとしています。それぞれに作風の得意分野があるようですが、系統別に事例をまとめ、要望に応えようとしています。
サンプルの区切り方としてはオフィス全体をパーツに分ける方法があります。事務作業室や会議室、受付、社長室、喫煙スペースなどなど・・・。それらの作品を見て希望に近いものを探すわけです。オフィスレイアウトの比較サイトではこのようにサンプルを示して設計事務所を紹介しています。
また、過去の事例をオフィスごとにまとめて一つの作品全体を閲覧できるようにもなっています。個々の設計事務所が出しているネット上の広告では主にこうしたサンプルの見せ方ではないでしょうか。他にも、一人で集中したい型や共同作業に向く型などいくつかのパターンに分けたサンプルの見せ方もあります。
このようにサンプルの分け方次第で、設計事務所を探している企業に対するアプローチも違ったものになるでしょう。



楽天で探す
楽天市場

アクセス解析タイ・バンコク情報